MENU

毛ジラミを治療するための方法

 

毛ジラミは人間の毛髪に寄生する小さな昆虫によって引き起こされる感染症です。人間の毛髪ならどこにでも感染し、髪の毛や胸毛、脇毛などにも感染します。その中で人の陰毛に毛ジラミが感染すると性病の扱いとなります。その理由として陰毛に感染すると性行為によって相手に毛ジラミが感染してしまうためです。毛ジラミの治療としては一番有効とされるのは陰毛を全て剃ってしまう事です。毛ジラミは陰毛に付着し卵を陰毛に産み付けるため毛を全て排除してしまえば付着することはできなくなります。しかし、毛が少しでも伸びてきてしまうと底に付着してしまうため対策としては完全とは言い切れません。陰毛を剃るだけでなく殺虫効果のシャンプーを使う事も治療に効果的です。一般の石鹸では効果がなく、入浴も有効ではありません。また、櫛でブラッシングすると成虫を除去することができます。しかし、成虫は除去出来ても卵は除去出来ないので根本的な治療とはなりません。根本的に治すには殺虫作用のある専用のシャンプーを使用する事によって約2週間程で殺虫することができます。予防方法としては、感染している家族と同じ風呂の使用やタオルの使い方等に注意して感染を拡大しない事が大切です。完治していない場合の性行為もしてはいけません。

 

毛ジラミよりも厄介な無精子になりうる性感染症にはジスロマック

 

性病は発症すると治療に時間がかかったりと厄介ですが、その中でも症状を放置していると無精子症などの男性不妊の原因になるような病気もあります。毛ジラミやカンジダ症も放置すると体に悪影響を与えますが、不妊の原因にはなりません。毛ジラミよりも感染すると厄介な性病が淋病感染症やクラミジア感染症です。この2つの病気は早期に治療を行わないと無精子症になる事があります。クラミジアや淋病に男性が感染すると尿道炎を引き起こします。尿道炎を放置すると精巣上体炎に進行し、この精巣上体炎になると完治しても精子の通り道である精路が塞がり無精子症となります。男性不妊にならないためには精巣上体炎に進行しないうちに治療を行い完治させる事が必要となります。淋病の場合はセフトリアキソンという薬剤を注射し治療を行います。クラミジアはジスロマックという薬を服用します。このジスマロックは1回服用するだけで効果が7日間も持続し、さらにこの7日間で90%が完治する事が出来る薬です。そのため飲み忘れる事もなくクラミジアを治す事ができます。また、通販でも購入することのできる薬なので病院の通院履歴を残したくない男性や病院へ行く時間が無い人にも人気の薬となります。

 

性病の感染ルートは様々で毛ジラミや血液感染等あり症状にあわせてクラビット等を

 

セックスは、男女が愛情を確かめ合う行為としてとても幸せなものであるはずですが、ときに不特定多数の異性と関係を持ったり、健康状態のよくないタイミングで行為に及んだことなどをきっかけにして、性病に感染してしまう場合もあります。
性病の感染ルートは様々で、血液感染や粘膜の接触によって命にかかわる重篤な症状を引き起こしてしまう病気や、性器が触れ合うことでもともと持っていたカビや毛ジラミによって起こるアレルギー反応の症状まで色々なものがあります。
コンドームの使用は精液や膣分泌液などの体液から感染するエイズなどの重大な病気を防ぐために有効ですが、毛ジラミの感染など、コンドームでは予防しきれない症状もあります。
毛ジラミは人間の陰部や肛門周辺の陰毛にしがみついて生息し、卵を産んで増殖する体調1ミリ程度の小さな昆虫です。陰毛の根元にしがみついて移動する性質をもつことから、セックスの際に陰毛が直接触れ合うことで感染します。
人間の血を吸うために、感染するとアレルギー反応によって激しいかゆみを引き起こします。皮膚に湿疹などの異常が見られないことも特徴で、下着に毛ジラミの赤黒い点状のふんや血液が付着していることで異常に気付く場合が多く、おかしいと感じたらすぐに病院を受診しましょう。
入浴時やトイレなどで使用するタオルなどの小物から家族やパートナーに感染するケースもあり、感染した母親から乳幼児に感染してしまうこともあります。そのため、異変に気づいたら周りの人にそのことを伝えて治療を行うとともに、感染が拡大しないように注意して生活することが大切です。

更新履歴